QRコードとはスマホのカメラなどで簡単に情報を読み取れる絵です

名刺は昔の文字やイラストのみという、古い常識では儲かりません。8割の事業者が赤字なので、目立つ事をしなければ事業継続どころか、大損するだけです。

QRコードとはスマホや携帯電話やパソコンなどのカメラで、文字を入力しなくてもURLなどがのリンク先を埋め込めるので、商品販売などのホームページに誘導できます。

実際に今では役所の広報誌などには、QRコードが印刷されているのですが、企業での特に名刺などでの利用が意外とされていないので、多くの企業は儲かりません。

大半の人がしている、昔ながらの古いありふれている事をしても儲かりません。かえって不良在庫になるので、大損します。

最近は名刺でも印刷されるようになったのですが、会社のURLとメールアドレスこそ、スマホなどが古いメディアより普及した現代では必要な要素です。会社の事務所を引越しどころか、社長などが自宅で仕事をする時にも、会社のWebサイトとメールこそ、どこでも仕事が出来る便利で必須なツールです。

QRコードは、昔のバーコードと違い文字情報を大量に記録できます。またデザイン性もバーコードよりも、色を変えられたりイラストを組み込めるので優れています。

またスマホのQRコードを読み取る無料なアプリの中には、迷惑なWebサイトを検出する機能まであります。今はスマホの所有者数が圧倒的に多いので、広告はスマホ向けにするのが必須です。

QRコードで記録できる容量は、以下です。

数字のみ 最大7,089文字
英数 (US-ASCII) 最大4,296文字
バイナリ(8ビット) 最大2,953バイト
漢字・かな (Shift_JIS) 最大1,817文字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です