名刺などの印刷物とnoteのWeb画像などの作り方や印刷やWebでマーケティングしビジネスや投資などで成功する方法

名刺は昔から使いやすい、ビジネスツールの一つです。チラシだと大きくて邪魔になり、捨ててしまうなどということが、よくあるでしょう。しかし名刺は、小さいので残しておこうと思い、宣伝しやすいツールになります。

上記が私が作った名刺です。上記の写真は、活版印刷機という昔あった印刷機で、丸い円盤な部分にインクをつけて、鉄などで文字を組んで、文字を名刺やハガキなどにプリントしました。

そこに右にQRコードという、スマホなどで撮影すると、文字を打たなくてもURLなどが表示されるバーコードのようなものをつけてみました。これらもQRコードは、仕事なでも多く需要が増えるでしょう。

上記の名刺は、今まで多かった横型を縦型にしてみました。ただし縦型となると、日本語の縦文が向いていると思います。そして名刺は、多くの人と似たような感じではなく、珍しい目立つ方がビジネスになります。

上記の名刺は、私のスマホの背景画像を名刺にしてみました。全面写真の名刺というのは、落ち着きが無く危険性も高いですが、ビジネスもハイリスク・ハイリターンです。目立たないと在庫余りて、作成費などのコストが損になります。

また背景画像の他に、スマホをケースに入れて、名刺も一緒に入れておけば、万が一スマホを忘れ物をした場合、拾ってくれた人などが連絡しやすいです。電子メールが電話や住所表記などよりも、一番コストも安く、便利です。

またVideo TELと書いてありますが、今でもスカイプなどのビデオ通話アプリの使用が、増えていません。しかし通話代は無料で、生映像で通話できます。これは振り込め詐欺などの、防犯や介護などにもなります。

2ページな名刺もデザインしてみました。ともかく珍しいデザインが、ビジネスでは成功すると思います。他にも最近は、透明なシートや木の葉のような形の名刺デザインなどと、色々とあります。

上記の2ページな名刺では中身は、役に立つ秘密な情報などを入れておいても良いでしょう。また写真は恥ずかしいかもしれませんが、自分の顔写真にした方が、ビジネスチャンスは広がるというか、今は物が売れない時代です。

これは数多くの宣伝をネットでしたり、屋外でもネットを利用していない人にでも、チャンスがあったら名刺で宣伝しないと、チャンスは広がらないということです。

また最近は100枚制作で1000円などというサービスもありますが、それだとテンプレートを選ぶ似たり寄ったりのデザインで、安物買いの銭失いになってしまいます。

更に100枚制作で150円以上で、自分でデザインするというサービスもあるらしく、これはワープロや表計算ソフトだと格好が悪いので、イラストレーターなどの、デザインや印刷などの専用のソフトウエアを使った方が良いです。

一番重要なのは、FXなどの投資でも似ていますが、最初の観察や企画こそ大事で、それを間違うと、いくら頑張っても修正など出来ずに無駄になります。最初のデザインが大事ということです。

目立つことが大事と言いましたが、しかしニーズが無いとそれも損になります。これはブルーオーシャン戦略で、誰もやっていないことをやるのは、過疎地でビジネスしているようなものなので、多くの人がいたり、似た趣味を持つ人を探すマーケティングも必要ということです。

そしてデザインに凝るというよりも、面白い企画を数多く出す方が効果があるようです。それは細かい文字のレイアウトなどにこだわっても、見る人はそんなことには興味が無く、投資などに興味がある人なのです。

これはnoteなどのブログで出版などをした方が、良いということです。しかしnoteも画像の表示が多少、難しいです。他のブログはHTMLタグで縦横幅を指定するだけで、画像が途切れずに表示されますがnoteは違います。

noteのヘッダー(最上部の画像)と記事の最初のトップ画像は、サイズを把握するのは難しいです。この記事の最初のトップ画像でしていますが、縦幅は328px(ピクセル)あたりを超すと、上下にスライドしてしまいます。

上記の「620px(横) × 328px(縦)」という画像サイズが、一番レイアウトしやすいサイズということです。HTMLタグとはWebページなどをデザインなどができる文字列で、例えば<font color=”red”>赤い文字で表示</font>ということ、難しくはありません。

またHTMLタグと違い、他のワープロなどのアプリを使うと、MSワードなど以外だと、多くで対応していないので不便です。しかしHTMLはワープロだけでなく、今ではネットと呼ばれる社会で、他よりも数多くで使われています。

会話で例えると英語ぐらいに、多く使われています。しかし名刺だと、日本の名刺のトンボなどの技術は、西洋式と違いミスが少ないです。日本は外国と違い、技術が数多くあるということです。

これは自分のブログも英語にして、外国に日本の商品を多く宣伝するようなことを、ビジネスをする人だけでなく、FXなどの投資もアメリカの経済動向などで株も為替も大きく値動きするので、分からなかったらネットの翻訳機能を使いながら、数多くの情報収集をする情報戦の時代になってきています。

そしてB2C(対個人ビジネス) よりも、B2B(対法人ビジネス)の方が、儲かります。安値な名刺は多くの人が持っているので、興味がわかずに儲かりません。

名刺は古いと言う人もいますが、そういう人は有名な投資家なので、ビジネスで成功する必要が無いのです。FAXもですが、予算などの権限を持っている人にアクセスするには、郵便物でも代表者宛にするなどとした方が良いです。メールだと予算の決定権が無い、処理係な若い社員など止まりです。

またビジネスレターの封書はデザインセンスが良い専門業者に依頼し作成し、安値なコンビニのプリンターで印刷するだけでも良いので、中身のチラシは自分で作っても良く、名刺も一緒に入れると良いでしょう。

そして自分の商品を好みそうな家や会社に、新聞の投函直後に一緒に入れれば、権威性で興味を持つかもしれません。マーケティングとはターゲットを絞り込むということです。FXなどの投資も相場(マーケット)を絞り込まないと、損をします。ビジネスは客層を、投資は状況を限定することです。

本記事の記述開始日時 2020年1月31日(金)午前1時2分