買い物の注文・決済でもQRコードは普及する?

QRコードとは、スマホのカメラなどでスキャン(読み込み)をすると、URLアドレスなどを文字入力しなくても、簡単に表示されるものです(詳細)。

最近は自治体の広報誌や民間のチラシなどでも、QRコードは印刷されています。また印刷しなくても、テレビ画面やパソコンの画面からでもスキャンできます。

ここまでは従来の使用方法ですが、これからは更にQRコードを応用した便利な方法が普及しそうです。

QRコードを使えば、タクシーやコンビニなどの決済も、今までのようなクレジットカードを業者に渡す方法ではなく、カードやスマホをかざすだけになるでしょう。

現金払いだとお釣りの貰い間違いや、財布を落とすとスマホのパスワードのように鍵をする防犯は出来ません。現金はウイルスにも感染しやすい大損があります。

アプリを導入すると店員の数(=人件費+福利費など)を減らせるので、ネット専業銀行のように客が得するベネフィット(客利益)な、更に客は便利であり集客もできるネットのサービスも増やせます。

現代社会では人件費というのが、最も大きな負担になっています。特に正社員は高級住宅を買うほどのリスクです。日本は外国と違い、駄目な人でも正社員は法律で解雇できません。

これは最初からITなどのシステムで補えるかどうかを、分析するべきでしょう。そうしないと企業生存率の低さからして、大半の企業は倒産します。

儲かっている会社は、普通や古い仕事の方法はしません。普通や古い方法をしても、無駄というか運用損なのです。IT化は初期費用がかかり嫌いますが、運用損はしません。

儲かっている投資家も同じで、何となくみんながやっている古い方法をする大半の人は、大損しています。ですので、投資でも事業でも9割の人が儲かりません。

こういう現状からして、QRコードなどの新しいものは、なかなか普及していません。そのわりにバーコードは普及しています。こういう経営センスが、企業生存率の低さを生み出しています。

新しく高機能で低コストなものには着目しないと駄目なのですが、大半の人は漠然と「新しいものは実績が無いので信用できない」と決め付ける心理を持ち、損をしています。

利用開始事例:店員呼ばず注文、決済もOK 飲食店アプリに新勢力

QRコードとはスマホのカメラなどで簡単に情報を読み取れる絵です

名刺は昔の文字やイラストのみという、古い常識では儲かりません。8割の事業者が赤字なので、目立つ事をしなければ事業継続どころか、大損するだけです。

QRコードとはスマホや携帯電話やパソコンなどのカメラで、文字を入力しなくてもURLなどがのリンク先を埋め込めるので、商品販売などのホームページに誘導できます。

実際に今では役所の広報誌などには、QRコードが印刷されているのですが、企業での特に名刺などでの利用が意外とされていないので、多くの企業は儲かりません。

大半の人がしている、昔ながらの古いありふれている事をしても儲かりません。かえって不良在庫になるので、大損します。

最近は名刺でも印刷されるようになったのですが、会社のURLとメールアドレスこそ、スマホなどが古いメディアより普及した現代では必要な要素です。会社の事務所を引越しどころか、社長などが自宅で仕事をする時にも、会社のWebサイトとメールこそ、どこでも仕事が出来る便利で必須なツールです。

QRコードは、昔のバーコードと違い文字情報を大量に記録できます。またデザイン性もバーコードよりも、色を変えられたりイラストを組み込めるので優れています。

またスマホのQRコードを読み取る無料なアプリの中には、迷惑なWebサイトを検出する機能まであります。今はスマホの所有者数が圧倒的に多いので、広告はスマホ向けにするのが必須です。

QRコードで記録できる容量は、以下です。

数字のみ 最大7,089文字
英数 (US-ASCII) 最大4,296文字
バイナリ(8ビット) 最大2,953バイト
漢字・かな (Shift_JIS) 最大1,817文字