名刺などの印刷物とnoteのWeb画像などの作り方や印刷やWebでマーケティングしビジネスや投資などで成功する方法

名刺は昔から使いやすい、ビジネスツールの一つです。チラシだと大きくて邪魔になり、捨ててしまうなどということが、よくあるでしょう。しかし名刺は、小さいので残しておこうと思い、宣伝しやすいツールになります。

上記が私が作った名刺です。上記の写真は、活版印刷機という昔あった印刷機で、丸い円盤な部分にインクをつけて、鉄などで文字を組んで、文字を名刺やハガキなどにプリントしました。

そこに右にQRコードという、スマホなどで撮影すると、文字を打たなくてもURLなどが表示されるバーコードのようなものをつけてみました。これらもQRコードは、仕事なでも多く需要が増えるでしょう。

上記の名刺は、今まで多かった横型を縦型にしてみました。ただし縦型となると、日本語の縦文が向いていると思います。そして名刺は、多くの人と似たような感じではなく、珍しい目立つ方がビジネスになります。

上記の名刺は、私のスマホの背景画像を名刺にしてみました。全面写真の名刺というのは、落ち着きが無く危険性も高いですが、ビジネスもハイリスク・ハイリターンです。目立たないと在庫余りて、作成費などのコストが損になります。

また背景画像の他に、スマホをケースに入れて、名刺も一緒に入れておけば、万が一スマホを忘れ物をした場合、拾ってくれた人などが連絡しやすいです。電子メールが電話や住所表記などよりも、一番コストも安く、便利です。

またVideo TELと書いてありますが、今でもスカイプなどのビデオ通話アプリの使用が、増えていません。しかし通話代は無料で、生映像で通話できます。これは振り込め詐欺などの、防犯や介護などにもなります。

2ページな名刺もデザインしてみました。ともかく珍しいデザインが、ビジネスでは成功すると思います。他にも最近は、透明なシートや木の葉のような形の名刺デザインなどと、色々とあります。

上記の2ページな名刺では中身は、役に立つ秘密な情報などを入れておいても良いでしょう。また写真は恥ずかしいかもしれませんが、自分の顔写真にした方が、ビジネスチャンスは広がるというか、今は物が売れない時代です。

これは数多くの宣伝をネットでしたり、屋外でもネットを利用していない人にでも、チャンスがあったら名刺で宣伝しないと、チャンスは広がらないということです。

また最近は100枚制作で1000円などというサービスもありますが、それだとテンプレートを選ぶ似たり寄ったりのデザインで、安物買いの銭失いになってしまいます。

更に100枚制作で150円以上で、自分でデザインするというサービスもあるらしく、これはワープロや表計算ソフトだと格好が悪いので、イラストレーターなどの、デザインや印刷などの専用のソフトウエアを使った方が良いです。

一番重要なのは、FXなどの投資でも似ていますが、最初の観察や企画こそ大事で、それを間違うと、いくら頑張っても修正など出来ずに無駄になります。最初のデザインが大事ということです。

目立つことが大事と言いましたが、しかしニーズが無いとそれも損になります。これはブルーオーシャン戦略で、誰もやっていないことをやるのは、過疎地でビジネスしているようなものなので、多くの人がいたり、似た趣味を持つ人を探すマーケティングも必要ということです。

そしてデザインに凝るというよりも、面白い企画を数多く出す方が効果があるようです。それは細かい文字のレイアウトなどにこだわっても、見る人はそんなことには興味が無く、投資などに興味がある人なのです。

これはnoteなどのブログで出版などをした方が、良いということです。しかしnoteも画像の表示が多少、難しいです。他のブログはHTMLタグで縦横幅を指定するだけで、画像が途切れずに表示されますがnoteは違います。

noteのヘッダー(最上部の画像)と記事の最初のトップ画像は、サイズを把握するのは難しいです。この記事の最初のトップ画像でしていますが、縦幅は328px(ピクセル)あたりを超すと、上下にスライドしてしまいます。

上記の「620px(横) × 328px(縦)」という画像サイズが、一番レイアウトしやすいサイズということです。HTMLタグとはWebページなどをデザインなどができる文字列で、例えば<font color=”red”>赤い文字で表示</font>ということ、難しくはありません。

またHTMLタグと違い、他のワープロなどのアプリを使うと、MSワードなど以外だと、多くで対応していないので不便です。しかしHTMLはワープロだけでなく、今ではネットと呼ばれる社会で、他よりも数多くで使われています。

会話で例えると英語ぐらいに、多く使われています。しかし名刺だと、日本の名刺のトンボなどの技術は、西洋式と違いミスが少ないです。日本は外国と違い、技術が数多くあるということです。

これは自分のブログも英語にして、外国に日本の商品を多く宣伝するようなことを、ビジネスをする人だけでなく、FXなどの投資もアメリカの経済動向などで株も為替も大きく値動きするので、分からなかったらネットの翻訳機能を使いながら、数多くの情報収集をする情報戦の時代になってきています。

そしてB2C(対個人ビジネス) よりも、B2B(対法人ビジネス)の方が、儲かります。安値な名刺は多くの人が持っているので、興味がわかずに儲かりません。

名刺は古いと言う人もいますが、そういう人は有名な投資家なので、ビジネスで成功する必要が無いのです。FAXもですが、予算などの権限を持っている人にアクセスするには、郵便物でも代表者宛にするなどとした方が良いです。メールだと予算の決定権が無い、処理係な若い社員など止まりです。

またビジネスレターの封書はデザインセンスが良い専門業者に依頼し作成し、安値なコンビニのプリンターで印刷するだけでも良いので、中身のチラシは自分で作っても良く、名刺も一緒に入れると良いでしょう。

そして自分の商品を好みそうな家や会社に、新聞の投函直後に一緒に入れれば、権威性で興味を持つかもしれません。マーケティングとはターゲットを絞り込むということです。FXなどの投資も相場(マーケット)を絞り込まないと、損をします。ビジネスは客層を、投資は状況を限定することです。

本記事の記述開始日時 2020年1月31日(金)午前1時2分

【コンビニでお手軽プリント】終活年賀状の作り方【最高な連絡方法は?】

ハガキのサイズは縦148mm×横100mm

終活年賀状などの終活とは高齢者などが、若い頃と違い、身体を
動かすのが困難になってきた時などに、様々な慣習を終えること
を告げる、活動をすることです。

高齢者になると文字が読みづらくなったり、年賀状を書いたり、
送ったりすること自体が困難になります。

またお中元やお歳暮なども、高齢者になると食が細くなり、
消費しきれないので、贈り物もお断りしても良いかと思います。

高齢者は贈物などを無理をして食し、体調を崩すこともあるので、
ここは家族や贈る人などが注意した方が良いと思います。昨今の
企業では、年賀状やお中元などを禁止している所もあるようです。

しかし年下などだと言いづらいので、年長者が辞退した方が良い
でしょう。年長者というか、富める長者だけが贈り、長者は贈ら
れるのは辞退というのが、バブルの時代には少なかった、年上が
年下に長年の経験上の知恵などを授ける、普及すべき様式美です。

年長者は金券などを贈り、年少者は体力や可愛い小さな子供など
の動画などを、メールの添付書類などにした、情報などを贈れば
良いと思います。高齢者は物が欲しいというか、人寂しいので、
こういうITを利用した新しいことを、むしろした方が良いです。

更に高齢者になると、知らない間に喪中などもありますので、
寒中見舞いで、年賀状と贈り物の辞退をお知らせしても良いか
と思います。

しかしネットで専門業者に頼むと、30枚で3千円はかかります。
これを自分でPC(パソコン)で原稿を作り、コンビニのネット
プリントで申し込むと、ハガキと印刷代(白黒20円)で1枚90円
ほどから、手軽に安値に、プリントが出来ます。

専門業者利用の枚数の損益分岐点は、約30枚より多いと得をし、
少ないと損をします。少ない場合はコンビニや所属の会社などで、
プリントした方が良いです。ビジネスをするなら、自作で名刺や
挨拶状や、ブログなどを作れた方が良いです。

なお多くのコンビニのプリンターは、写真などをデジタルデータ
に出来るスキャンも出来ます。これは古い写真はスキャナーでなく
ても、スマホで接写も出来ますので、スマホは安値で便利です。
本ブログの上部のヘッダー写真も、その方法で撮影しています。

しかし注意点として、ハガキをプリントできるコンビニ大手は、
現在セブンイレブンしか無いようです。また更にセブンイレブン
でも、プリンターに貼り紙で「ハガキ印刷は出来ません」と出来
ない店もあります。これは前もって電話して聞くのも楽でしょう。

PCを使うというのが困難なように見えますが、高齢者ご本人ではなく、
家族などに作ってもらえば良いのです。またスマホでも作成できます
が、ネットビジネスなどでも利益が得たい場合は、やはりPCは所有
した方が良いです。PCが無いと儲かるアプリ作成や広告も出来ません。

宛先も例えばA4用紙1枚に複数の宛先を表示し、後でカッター
ナイフで切り貼ると楽や得ですが、手書きを望む人もいるので、
そういう時には一言、手書きで「今までありがとうございました」や、
送り先個別のメッセージなどを入れても良いでしょう。

また印刷しなくても、電子メールやブログなどで送れば、
更にお手軽にお安くできます。高齢者になると、自宅ではなく
入院や施設入りなどもあるので、スマホ利用は便利です。

そしてハガキというのは、誰でも見れるようになっていますので、
防犯上はメールや通話アプリを使用した方が良いです。また電話は
盗聴もできるので完全ではありません。

しかし通話アプリを使えば、身体が弱くなり会えることができない、
高齢者なども会えているのに近い状態になります。ただしまだ日本
での、ITに対する理解が進んでいない困難さがあります。

ハガキや名刺などの印刷物は、詳細はネットのホームページや
ブログなどで説明するために、興味を持ちそうな絵やURLや
QRコードなどを、プリントするようになると思います。

日本は世界で最も早い超少子高齢化国や人手不足などになったので、
ITで介護や連絡をするなどの、最新技術の活用が急務だと思います。
これらをすることで、将来は高齢対策の輸出もしやすくなります。

本記事の記述開始日時 2019年12月31日(火)午前0時17分

FXや仮想通貨などから生まれた、在庫損や法定通貨という概念と低速リスク

仮想通貨とは今の日本だと通貨だと分かりづらいという事で暗号資産となり、外国だと多くは暗号通貨と呼ばれ、他にはデジタル資産などとも呼ばれてきました。そして今までの通貨は、法律で定められているという事で、法定通貨という言葉が出始めました。

昔は外貨預金という、例えば日本円を米国ドルに両替し、預ける事をしていました。しかし外貨預金は、仲介手数料であるスプレッドが、片道で元本の1%もかかり、例えば1万通貨の米国ドルを買うと約1万円もかかりました。

そこでFXというフォーリン・エクスチェンジの略の、外国為替証拠金取引と、ネットで取引が出来る状況が2005年頃から普及し始めました。この頃のFXのスプレッドは、ドル円1万通貨に対し、1pips(1銭)ぐらいで約100円でした。今は他の投資と比べても最安値な、国内FXだと0.3pips→30円で、海外FXだと150円ぐらいです。金額だとロット(枚数)で変わり個人の事情ですので、pipsで考えた方が良いです。

2005年頃の両道な手数料は、外貨預金の約1.5万円に対し、株は約千円で、FXは100円でしたので、FXはブームになりました。必要資金も約100万円の取引をしようと思ったら、現物取引な外貨預金や株は約100万円が必要でしたが、FXなら約4万円で、後の95万円は貸してくれるレバレッジが効き、銀行預金よりも、かなり多いスワップ(利息)がもらえます。

しかも2005年頃のレバレッジは、日本で個人でも約400倍もありました。しかし現在は25倍です。外国では約800倍もあります。この日本が規制されたのは、米国のリーマンショックのサブプライム・ローン問題で、貧しい人が物凄い額の借金をして豪邸などを購入し損をしたという、レバレッジを効かせたので規制されたようです。

しかし事業をし利益を得るには、レバレッジを効かすしか拡大は出来ません。拡大をしないと、競合相手にシェアを奪われてしまうので、過去の仕事の経験なども在庫損になります。

ビジネスや変化をしない企業は、必ず衰退します。なぜなら最初はブルーオーシャンという、静かな誰も知らない分野を開発すると、特に大資本を持っている企業が大攻勢してくるので、最初に開発した個人事業主は利益を得られなくなってきます。

方や仮想通貨やFXなどの投資は、主要銘柄なら独占されたり、需要が無くなったりはしないので、在庫損などのリスクが減ります。ビジネスはいくら売れていても、そこで供給が過剰になるので、在庫損になります。投資でも買われすぎだと、大暴落し、そこで狼狽し損切りをし、そのロスカットをヘッジファンドが狙い買います。

これが「多くの人がやっていることは儲からずに在庫損になる」ということでもあります。ただし投資の場合は、上記のような特性を知れば、一般的な買物よりは損をしません。また昔と違いパソコンを使えるだけでは、就職などでも優位性はありません。投資で選ぶ時も、この優位性を重視しないと大損します。

例えば最近だと、仮想通貨は外貨預金が扱う貨幣という、法定通貨は紙化や送料などでコストや時間がかかりすぎます。外貨預金では日本円を外貨に交換するだけで、数%もかかるわりに、外国に発送する手数料もかかり、到着時間も下手をすると数ヶ月後となります。

これが仮想通貨なら手数料は、かなり安く数分などです。こうなるとビジネスをする上で、圧倒的に仮想通貨の方が有利なのですが、仮想通貨は主要銘柄でさえも、多くで利用されていないという状況で、信用されていないようです。しかし昔よりは法定通貨の不便さと、電子マネーなどの普及で変化してきています。

これはマネーだけでなく、電子書籍や有料ブログなどの普及からして、在庫損になりうる、紙メディアの本や雑誌なども、IT化した方が安全です。また仮想通貨や電子マネーなどで買える、デジタル・コンテンツを作った方が、購入層や話題が増えるでしょう。デジタル・アセットこそ在庫損が少なくレバレッジも効き、利が得れるのです。

本記事の記述開始日時 2019年10月14日(日)午前11時44分

嶋田印刷への連絡方法 ~Contact~

こちらは嶋田印刷と申します。今後とも、よろしくお願い致します。

嶋田印刷とは、過去に私が従事しておりました、印刷や
グラフィックデザインやSE(システム技術)などから、
外国ではICT(情報コミュニケーション技術)と呼ばれている
IT(情報技術)に移行する方法などを、ご提案させて頂く者と
なります。

一切のご連絡やご依頼などは、電子メールで
「shimada.print@gmail.com」にお願い致します。
返信させて頂かない場合もあることを、ご容赦ください。

またSkypeや電話などは、普段はあまり利用しておりません。
普段はSkypeを利用していないということは、コンタクトをして
頂いても、お返しなどもしないことが多いことを、ご了承ください。

知人の方などの場合でも、一度電子メールで連絡をした後に、
Skypeや電話をして頂けると助かります。

防犯とデザインワークなどのノウハウなのですが、
電子メールが一番、防犯やビジネスで優れていると思います。

なぜなら電子メールは、他の方法と違いパスワードという鍵で
本人確認が出来ます。またメールの添付書類なら、FAXなどの
他の方法よりも、画質などが維持され、大量送信も可能です。

上記の写真は、たぶん1971年頃に撮影した物です。
たぶんと記したのは、時代が古すぎて記録が残っていないからです。
被写体が、女の子か?男の子か?も不明です。

現代でも、どのスマホで、いつ、どこで撮影したのかを、テキストデータ
残しておくと後々、インスタグラムなどに掲載するなどで良いかと思います。

スマホなどの写真データでも、データ作成日が残っていても、
その日が撮影日とは限らないので、データのリストを作るのが、
良いかと思います。

また以下のURLでは、ICTから印刷や、ネットビジネスや
FXや仮想通貨などの投資の方法などを記しております。

嶋田印刷 公式ホームページ:http://shimada.starfree.jp
嶋田印刷 公式ブログ:http://shimada.wpblog.jp
嶋田印刷 ツイッター:https://twitter.com/shimada_print
DMもあまり見ません

本記事の記述開始日時 2019年10月6日(日)午前4時12分

今は会社などの事業案内のホームページの所有は必須な時代です

事業とは需要に合わせないと、利益は得られません。今はスマホを所有している人が約72%で、パソコンを越してきています。スマホなどの携帯端末が日本では、約1億5千万あると言われ、固定電話より数倍多い状態です。

これはスマホ(モバイル)・フレンドリーと言われ、ホームページもパソコンよりもスマホ向けに作らないと、閲覧が増えないかもしれません。そしてまだスマホ向けのホームページなどは多くないので、需要はあります。

今までのような印刷物だと、生産コストが10倍以上もかかるわりに、商品販売に結びつかないことが多くあります。そして印刷物は供給が多すぎで、処分に困っている人は多くいます。これは初期投資するリスクはありますが、リターンは少ないです。

しかしネットを使うと、このリスクが減り、大量の広告をすることが出来ます。ネット広告だと例えば有名ではない最初の段階でも、ブログですと1日で閲覧数が100PVになることもあります。検索画面の目立つ部分に表示される有料なPPC広告をすれば、更に閲覧数は増えます。今は資金力=知名度=売上増な時代なのです。

昔はもっと多い閲覧数で減ってきているので、早くネット広告をしないと損です。これを昔ながらのチラシと店頭販売にすると、物凄い多くの資金と時間が必要になります。これがネットですと、数万円で数日程度で出来てしまうこともあります。

今は人手不足倒産が多く、低金利時代ですので銀行から融資を多くしてもらった方が、事業拡大という会社が長く生き残れます。大半の人は借金をしたがらないので、企業生存率は物凄く低く倒産が多いのです。

今までは例えば会社案内のパンフレットを就職希望者や融資してもらう銀行に配布しても、興味を持ってもらえないや詳しく知ってもらえないなどがありました。これは求人広告会社や融資をしてもらう銀行の求める条件である、紙の会社案内があれば良いとすると、売上が伸びないです。

「みんな会社ホームページなんて無いからやらなくても良い」という考えは、倒産する思考方法です。みんながやっていることは、既に供給過多で飽きていますので、やると大損します。みんなビジネスや投資の勉強や宣伝をしないので、損しています。

ホームページは中小企業では所有している所が少ないので、経営が厳しい所が多いのです。これは下請け仕事しかせずに、多数の新規顧客を得ようとしないからです。顧客の大企業が不払いなども、よくある話です。1個の上客がいても、そこが駄目になると連鎖倒産するのも、よくある話です。

これは1個の客にかけるコストを減らしてでも、せめて10に顧客数を増やすしかないです。これを分散投資と言います。今は営業や販売は或る程度は、ネット通販で自動販売化やネット配信で従来の訪問営業よりも、その数百倍の宣伝力があるレバレッジが効くのです。

レバレッジとは1日で5人に訪問営業で宣伝するのと500人にネットで宣伝するのでは、利益が大きく違うということです。社長はレバレッジが効かない訪問営業ではなく、こういうシステムを作りネット動画などで営業という多数に宣伝をしないと駄目なのです。

しかし会社のホームページを持っていない会社というのは、この宣伝をしていないということです。ホームページがないと、顧客が会社の業務内容も地図入りでの会社の住所も、どう発注して良いのかも分かりません。分かりづらいや不便なものは拒否されます。

そしてホームページにはコストがかかるFAXや固定電話番号ではなく、メールアドレスを載せた方が良いです。なぜならメールアドレスは、電話などよりも発信者の身元が分かります。

またメールなら大量の情報処理がしやすく、証拠も残しやすいです。これの応用が防犯カメラの情報をスマホにメールするなどです。知恵か工夫か新技術が無い会社や投資家や社会全員の人生は、コストや危険は多く利益や発展する可能性は少ないのです。

買い物の注文・決済でもQRコードは普及する?

QRコードとは、スマホのカメラなどでスキャン(読み込み)をすると、URLアドレスなどを文字入力しなくても、簡単に表示されるものです(詳細)。

最近は自治体の広報誌や民間のチラシなどでも、QRコードは印刷されています。また印刷しなくても、テレビ画面やパソコンの画面からでもスキャンできます。

ここまでは従来の使用方法ですが、これからは更にQRコードを応用した便利な方法が普及しそうです。

QRコードを使えば、タクシーやコンビニなどの決済も、今までのようなクレジットカードを業者に渡す方法ではなく、カードやスマホをかざすだけになるでしょう。

現金払いだとお釣りの貰い間違いや、財布を落とすとスマホのパスワードのように鍵をする防犯は出来ません。現金はウイルスにも感染しやすい大損があります。

アプリを導入すると店員の数(=人件費+福利費など)を減らせるので、ネット専業銀行のように客が得するベネフィット(客利益)な、更に客は便利であり集客もできるネットのサービスも増やせます。

現代社会では人件費というのが、最も大きな負担になっています。特に正社員は高級住宅を買うほどのリスクです。日本は外国と違い、駄目な人でも正社員は法律で解雇できません。

これは最初からITなどのシステムで補えるかどうかを、分析するべきでしょう。そうしないと企業生存率の低さからして、大半の企業は倒産します。

儲かっている会社は、普通や古い仕事の方法はしません。普通や古い方法をしても、無駄というか運用損なのです。IT化は初期費用がかかり嫌いますが、運用損はしません。

儲かっている投資家も同じで、何となくみんながやっている古い方法をする大半の人は、大損しています。ですので、投資でも事業でも9割の人が儲かりません。

こういう現状からして、QRコードなどの新しいものは、なかなか普及していません。そのわりにバーコードは普及しています。こういう経営センスが、企業生存率の低さを生み出しています。

新しく高機能で低コストなものには着目しないと駄目なのですが、大半の人は漠然と「新しいものは実績が無いので信用できない」と決め付ける心理を持ち、損をしています。

利用開始事例:店員呼ばず注文、決済もOK 飲食店アプリに新勢力

なぜ投資をするならFXなのでしょうか?

現代は直接投資の時代です。直接投資とは個人が自分でチャンスがある時に投資をするのが、最も安全に利益があり、FXの普及などでそれが分かってきました。今までの間接投資だと他人の資金を運用している専門家らは、自腹が痛まないので、大損が多いのです。

FX(フォーリン・エクスチェンジ)とは外国為替証拠金取引の略です。外為(がいため)とは各国の法定通貨(ほうていつうか)を交換する事です。法定通貨とは国が認めた一般的な貨幣です。最近、仮想通貨に対して、法定通貨と言われだしました。

証拠金とは例えば100万円の資金で取引する時でも、10万円の証拠金があれば100万円分の取引をレバレッジ倍率を10倍などにする事で、小額資金で大きな利益が得れるトレードが出来ます。この位の資金額にしないと利益が少なすぎて、時間などの無駄になります。

レバレッジとは自己資金である証拠金10万円以外は、証券会社などが貸してくれるという事です。銀行が企業に融資するのと同じような事で、金融をうまく出来ない経営者は儲かりません。日本ではレバレッジの上限は25倍で、外国は米国が100倍で、他は888倍などがあります。

いくら総投資資金額が100万円といっても、ロスカットという証拠金が80%ぐらいの含み損になったら証券会社などが強制的に損切りするので、損額が8万円程度です。外国の場合はゼロカットといい、証拠金が無くなったら、そこで終了で10万円の損で(追証(おいしょう)という追加証拠金を請求するマージンコールはありません。

しかし国内の場合は追証(おいしょう)という追加証拠金請求が発生して怖いと言う人もいますが、そこまでの値動きをする事は稀です。また特にドル円などは、株などよりも値を戻しやすいで追証をした方が大損しません。低利息すぎな定期預金などがあるようでしたら、FX口座に入金するだけの追証をした方が大損しませんし、儲かります。

1USD(米国ドル)でロット(枚数)は1万通貨で100円の時に買いの新規注文をし、101円で売りの決済注文をすると、1万円の利益になります。新規注文の時に発生する仲介手数料をスプレッドといい、国内では30円と他の投資と比べても最狭(最安値)水準です。

しかししょっちゅう100pips(1円)も上昇する事は少ないので、5pips(5銭)ぐらい上昇したら売る代わりに、10万通貨などと大量ロットを投入し、5pipsを利益確定すると数分で5000円も儲かる超短期売買のスキャルピング(皮みたいに薄い利幅を得る)などの方法もあります。

しかしこの方法は負けると、大きな金額の損になります。ですので1日で100pipsぐらい暴落した後に、半値戻しなどと大きく戻す事が多かったり、少数ロットでも暴落したら先ほど言ったように、100pipsも上げる事など少なく危険ですので、チャンスを待ってからロットを多くしていく方が安全です。

特に初心者の人は最初に勝つと、高値になっても買いそこで大損し早期で止めてしまう事が多いです。これをしょっちゅう買ってしまうポジポジ病といいます。逆に下がっていくと、多くの人はあまり買いませんが、そこで多くの人と逆の事をしないと儲かりません。

しかしFXなら株や仮想通貨などと違い、時価総額が大きいという物凄く多くの人が外国為替を売買しているので、チャートどおりに値動きする確率も高くて安全なのです。

しかしFXの中でも新興国通貨と呼ばれる、例えばトルコリラなどだとヘッジファンドが2社程度で値動きをさせたという噂があるほど独占されてしまい、日本人の個人投資家だと金融教育もされていなく、危険な新興銘柄を買いたくなるような宣伝は多いので、損をかかえやすいです。

世界で一番時価総額が大きいのはユロル(ユーロドルの俗称)で次にドル円などで、日本で有名な豪ドルなどはぐっと減ります。しかし株などの新興銘柄も、数分後にいくら円安か円高かなどを当てる事で資金が数倍などになるBOなどの一か八かのギャンブルでしたら、その丁半博打よりは安全に儲かるかもしれません。

これは資金量により、小額資金ならFXで短期売買をしたり、資金が貯まっていきチャンスがあったら値動きが大きい新興銘柄やBOなどもやってみても良いでしょう。相場を10年以上は見てない多くの人は、チャンスやピンチを過剰に判断して、利大損小を得られないのです。

多くの人は従来の一般的な仕事ほど、投資もネットビジネスも勉強しないので儲かりません。しかし従来の一般的な仕事の方が利益は少なく危険は大きいのです。新しい方が改良されているので、当たり前です。

また世の中である従来のギャンブルの方が全然儲からず、大損が更に多いです。更に言えば高額な車や家電製品などの普段の買物などの消費の方が大損してますし、FXなどの投資の方が堅実です。

QRコードとはスマホのカメラなどで簡単に情報を読み取れる絵です

名刺は昔の文字やイラストのみという、古い常識では儲かりません。8割の事業者が赤字なので、目立つ事をしなければ事業継続どころか、大損するだけです。

QRコードとはスマホや携帯電話やパソコンなどのカメラで、文字を入力しなくてもURLなどがのリンク先を埋め込めるので、商品販売などのホームページに誘導できます。

実際に今では役所の広報誌などには、QRコードが印刷されているのですが、企業での特に名刺などでの利用が意外とされていないので、多くの企業は儲かりません。

大半の人がしている、昔ながらの古いありふれている事をしても儲かりません。かえって不良在庫になるので、大損します。

最近は名刺でも印刷されるようになったのですが、会社のURLとメールアドレスこそ、スマホなどが古いメディアより普及した現代では必要な要素です。会社の事務所を引越しどころか、社長などが自宅で仕事をする時にも、会社のWebサイトとメールこそ、どこでも仕事が出来る便利で必須なツールです。

QRコードは、昔のバーコードと違い文字情報を大量に記録できます。またデザイン性もバーコードよりも、色を変えられたりイラストを組み込めるので優れています。

またスマホのQRコードを読み取る無料なアプリの中には、迷惑なWebサイトを検出する機能まであります。今はスマホの所有者数が圧倒的に多いので、広告はスマホ向けにするのが必須です。

QRコードで記録できる容量は、以下です。

数字のみ 最大7,089文字
英数 (US-ASCII) 最大4,296文字
バイナリ(8ビット) 最大2,953バイト
漢字・かな (Shift_JIS) 最大1,817文字

本日ワードプレスのブログを開設しました

本日、平成30年(皇紀2678年・西暦2018年)3月18日(土)に、本ブログを開設しました。

よろしくお願い致します。

嶋田印刷では、ICT(インターネット・コミュニケーション・テクノロジー)に基づき、名刺やパンフレットなどの企画から作成などのアドバイスをさせていただきます。

ITは日本では普及している言葉ですが、外国ではICTとなります。ITの内部システムは英語が多く使われていますので、外国のシステムをそのまま使うとウイルスに感染するなどの恐れがあります。

ワードプレスとは、最近ネット・ビジネスなどで流行している、HTMLなどを知らない初心者の方などでも、独自のホームページなどを作ることが出来るブログです。

皇紀とは神武天皇が即位された、西暦の紀元前660年2月11日を元にした年数です。西暦に660年を足すと皇紀になります。

日本のITのシステムは、日本独自の文化を組み込んでいけば、更に安全で収益も増えるシステムになると思います。

世間では平成から新元号に改元時の、カレンダーなどの表示問題がささやかれています。特にお役所などは皇紀を使用してみては、いかがでしょうか?

日本独自の仕様にすれば、外部からのサイバー攻撃も被害が甚大にならないです。また歴史に関心を持つという、利点もあります。歴史を知っているということは、投資や事業にも詳しくなるということです。